CMS導入の際に重要となる項目

ホームページを制作したら定期的に更新を行う必要があり、更新にはHTMLなどの専門知識が必要になるので、更新作業が苦手と感じる方も多いかと思います。現在は、CMSと呼ばれるシステムを導入することで更新はもちろん、管理などが簡単に行えるようになっています。便利なシステムであるCMSを導入する際は、考えなければならない項目がありますので、こちらでその項目をご紹介しています。

更新が必要な部分を明確にする

ホームページ内のコンテンツによっては、頻繁に更新が必要となる部分もあれば、更新の頻度が少ない部分や必要がない部分もあります。更新が必要となる部分の作業が遅れてしまうと、ユーザーから会社の動きがないと思われてしまい、企業のイメージダウンに繋がることがあります。また、更新頻度が少ない部分や必要ない部分を必要以上に更新してしまうと、余計なコストが掛かることになります。
CMSを導入する際はまず、自社のホームページ内容をしっかりと把握して、更新が必要となる部分や更新頻度などを明確にすることが重要になります。

効率的な作業フローを考える

CMSを導入することで更新作業が簡単になるといっても、全てのページを1人で更新し続けていくのには限界があります。定期的に更新し続けていくためには、担当者が負担やストレスを感じにくい作業フローを考える必要があります。特に担当者が複数いる場合は、更新作業の手順を統一しないと、ホームページの内容がバラバラになってしまう可能性があります。
担当者がどれだけいるのか、またはページの更新を誰に任せるかなどを考え、整合性が保てる作業フローを考えるようにしましょう。

東京都港区にあるバーティックでは、中小規模のWebシステム開発を行っており、お客様の予算や優先度に合わせたシステムをご提案致します。これまでに通販サイトや会員制コミュニティサイト、営業支援サイトのWebシステム開発を行った実績がありますので、納得してお使い頂けるシステムをご提供致します。
Webシステム開発以外にも運用保守も承っていますので、東京でWebシステム開発の外注を検討されている方はお気軽にご依頼下さい。