なぜ在庫数にズレが発生するのか

どんなに気をつけて管理をしていても、棚卸時に在庫数のズレが発生するケースは多いです。
こちらでは、在庫数にズレが発生する理由についてご紹介致します。

ヒューマンエラーによるズレ

商品の取り違いやカウントミス、記入・入力ミス、計算の間違いによる集計のミスなど、ヒューマンエラーによって在庫数にズレが生じるのは、よくある原因の1つといえます。このようなヒューマンエラーは、在庫数のズレを発生させるだけではなく、取引先からのクレームやトラブルに繋がる恐れがあります。ヒューマンエラーを防ぐためにも、見間違いやすい数字やアルファベットは使用しない、商品ごとにシールや用紙の色を変えるなどの対策を講じることも大切です。

入庫・出庫の管理が徹底されていない

在庫管理では当然ながら、入庫と出庫の管理をしっかり行う必要があります。業務が忙しいことを理由に、入庫や出庫のデータ入力を後回しにしてしまうと、その間に在庫数にズレが発生する可能性が高くなります。例えば、データ入力を事務所で行っている場合、現場からの伝票が遅かったり、事務所での入力が追いついてなかったりすると在庫数のズレが生じやすくなるのです。入力した数字と実際に倉庫にある在庫数を合わせるには、物が移動したタイミングを合わせて入力作業をする必要があります。

ルールが統一されていない

現場の運用ルールが曖昧になっていると、作業する人達はそれぞれ違うやり方をしてしまいます。このような運用をしていると、在庫数にズレが出ることはもちろん、原因の確認にも時間がかかってしまいます。検品方法や保管方法、作業中のトラブルの対応など細かいところまでマニュアル化して、しっかりとした運用ルールを定めることが大切です。

徹底した在庫管理を行うためには、在庫管理システムの導入が不可欠です。バーティックは東京にて商品管理に便利な在庫管理システム、顧客管理システムなどの業務システム開発を行っております。数ヶ月単位から数年単位までの業務システム開発案件に対応でき、予算に合わせたシステム開発が可能です。AccessやExcelのみのシステム開発も対応しております。業務システム開発のご依頼は、是非バーティックにご相談下さい。